シーサーブログの機能で、アクセス解析がついています。
解除の仕方がわからないので、心配な方はお引取りください。

2011年02月11日(Fri)

映画「ハーモニー」

映画「ハーモニー」

監督・脚本:カン・テギュ

【あらすじ】
殺人の罪で服役するジョンヘ(キム・ユンジン)は、
獄中出産した子供を塀の中で育てている。

子守唄で子供が大泣きするほど音痴な彼女が、
刑務所のプログラムで聴いた合唱に触発され、
合唱団を結成してしまう。

はじめはうまくいかなかったが、
歌と向き合ううちに、彼女たちに変化が表れる。

【感想】
実話を基にしてるそうで、
感動的な話です。

**(以下、ネタバレを含む場合があります)**

せっかく「冷たい熱帯魚」のために遠出したので、
同じく近場でやらない作品をついでに観賞。
思いのほか良かったです。

いい話だし、泣けました。
何より、こういう話で赤ちゃんの存在って、
反則的に涙を誘います。

総じて、演技がかなり良かったように思います。
感情がストレートに伝わってきました。
って、演技力がどうのと言えるほど、
目が肥えてるわけでもないけど。

個人的に、
先輩刑務官役の方と、
極妻(ごくつま)役の方が好きでした。

特に、
職務に忠実な先輩刑務官が、
時折覗かせる情の深さは胸にきます。
女優さんは、チョン・ヨンナムさんとおっしゃるそう。

残念ながら極妻役の方は載ってなかったんですが、
公式HPを見ると、ミュージカル出身のキャストが多いみたいです。

ストーリー的には、
歌を通じた心の交流と人生の再生を描いた作品なので、
受刑者たちが合唱によって立ち直っていくんですが、
そのままハッピーエンドとはいかないんですね。
罪を犯したことは変えられませんから、
そのせいで辛い目にも遭います。

単に立ち直って明るいだけではない、
彼女たちの人生の叫びとも思えるほど、
ラスト近くの合唱は鋭くて美しかったです。

ただ、
直後の展開があざとく感じられて、
それが残念ではありました。

韓国にはサプライズ演出の文化があるらしいので、
展開にもお国柄が出るんですかね。

万人受けしそうな、
心温まる作品ってかんじでした。


posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。