シーサーブログの機能で、アクセス解析がついています。
解除の仕方がわからないので、心配な方はお引取りください。

2010年03月27日(Sat)

ロスト・トレイン

ロスト・トレイン 中村弦さん
★★★☆☆

ぼくが平間さんと出会ったのは廃線跡だった。

偶然にも住まいが近いことで生まれた
趣味を通じての親交は、
穏やかな平間さんの人柄もあって
歳の差を越えた友情へと育っていく。

ところが平間さんはある日、
何も告げずに消えてしまう。
それも身辺を整理した上で。

最後に会ったとき口にしていた、
奇跡を起こす幻の廃線跡という言葉を頼りに、
行方を探しはじめるぼく。

以前に平間さんから名前を教えられていた
趣味仲間の菜月さんと一緒に、
ついに幻の廃線跡へとたどり着く。

それは
かつて神域とされた森を貫く、
草笛線という名の鉱山鉄道の跡だった。

森と一体化しながらも
形を残す廃線跡を辿った先で
不思議な世界と遭遇した2人は、
それぞれ人生の選択を迫られることに…


大人になってから、
鉄道とファンタジーの力を借りて
自分探しの旅をする話ってかんじですかね。

静かで落ち着きのある文体からは
懐かしさのようなものが感じられて、
大人のファンタジーという言葉が似合うなあ。

続きを読む


posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日(Thu)

舛添メモ

舛添メモ 舛添要一さん
★★☆☆☆

厚労相在任中の生活や活動が、
さらっと書かれている。


副題が「厚労官僚との闘い752日」の割には、
おとなしい内容だったように思う。

激務だったことは改めてわかります。
とにかくお疲れさまでしたと言いたくなる。

厚労官僚の人事改革って、
恥ずかしながら報道が記憶にありません。

言葉だけ聞くと大変だっなことなんだろう
程度にしか理解できなそうですが、
頭のいい人の文章は理解しやすいですね。

聞きなれない役職の位置付けも、
簡潔な説明ですんなり頭に入ってきましたよ。
本当はもっと複雑なんでしょうけど。

わかりやすい文章で
在任中の流れがまとめられているものの、
明かせなかった裏話を期待していたので、
サブタイトルにうまく乗せられたなと
読み終わって思う。
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日(Tue)

八日目の蝉

八日目の蝉 角田光代さん
★★★★★

不倫相手の家に忍び込んだ希和子は、
とっさに赤ちゃんを連れ去る。

自分の行動におののきながらも
薫と名付けた赤ちゃんを手放せず、
東京から名古屋まで逃げてしまう。

流れついた小豆島での
仮初めの幸せは数年続くが、
希和子は捕まり薫は両親の元に返される。

その後
薫に訪れたとしての人生は、
本来与えられるはずのものと同じではあり得ず…


誘拐という犯罪の話なのに、
被害者や加害者という言葉よりもまず、
みんな生きてる人間なんだという
至極当たり前の事を思い出させられた。

かといって安っぽいヒューマニズム全開の
みんないいひとって話でもない、
ドロドロしてないけどガッツリ人間ドラマ
という絶妙なさじ加減が心地良かったです。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日(Sat)

欧亜純白‐ユーラシアホワイト‐

欧亜純白‐ユーラシアホワイト‐ 大沢在昌さん
★★★★☆

アジアで生産されるヘロインは、
香港を中継地点にアメリカに輸出される。

しかし
97年の香港返還で状況は変化し、
2年後のマカオ返還を控えて
各地でヘロイン流通に不穏な動きが見られる。

アメリカ・ハワイ・日本・マカオ・香港と
世界をまたにかけた企みを阻止すべく、
捜査員たちは危険を冒して立ち向かう。


厚くて上下巻なので
暇のないときに敢えて読む本ではない気もしますが、
面白かったです。

闇社会の話としては楽しめる。
人間ドラマとしてはやや物足りない。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日(Sun)

体育座りで、空を見上げて

体育座りで、空を見上げて 椰月美智子
★★★☆☆

少女のとりとめのない日常が、
中学の三年間にわたって綴られている。


自分を持て余すかんじは覚えがありますね。
でも中学生ってこんなに息苦しかったかなぁ。
丁寧に書かれているから余計に、
読んでて疲れました。

ちょっと読むときの気分と合わなくて、
いまいち楽しめなかったです。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。