シーサーブログの機能で、アクセス解析がついています。
解除の仕方がわからないので、心配な方はお引取りください。

2010年02月28日(Sun)

イムリ7巻

イムリ7巻 三宅乱丈さん
★★★★★

漫画です。

とりあえず隣り合うふたつの星があって、
そこにはそれぞれ原住民がいます。
さらにそれらを支配してる人種がいて、
その人種は彩輪(オーラみたいなの)を利用した術で
他の人種を奴隷化したりするわけです。

支配者の中でも特権階級の家の子デュルクは、
本人は知らないけど隣の星の原住民の子供。
生まれた星へ訪れたときから、
デュルクの運命は大きく変わり…
みたいな話です。


描き込みの多い画はあんまり好きじゃないんだけど、
友達の家で読んでからハマってます。

どちらかというとSFなのかな。
もしくは異世界ファンタジー?
これ系のジャンルが好きなひとは、
どっぷりハマれると思いますよ。

最初の頃は
術とかデュルクの成長が面白かったのが、
だんだん権力争いと謀略が始まるし
謎の道具やらも出てくるしで、
巻が進むごとに話が壮大になってます。

画が苦手じゃなければオススメです。


posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日(Sun)

イギリス東インド会社

イギリス東インド会社 浜渦哲雄さん
★★★☆☆

約200年間に渡るイギリス植民地支配後に
独立インドが高度成長を遂げた要因を、
イギリス東インド会社に見られる独自の支配手法から
読み解くという趣旨の本。


世界不思議発見とか歴史ミステリーが好きなら、
楽しめるんじゃないでしょうか。

ぼんやりとしか知らなかったイギリス東インド会社が、
こんなに面白い存在だとは思わなかった。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日(Mon)

ARCHIPELAGO

ARCHIPELAGO 石川直樹さん
★★★★☆

アーキペラゴ=群島・多島海。
南はトカラ列島から台湾へ、
北は北海道からサハリン島、クイーンシャーロット諸島へ。
島の連なりとしての世界へ向かう、10年間の写真集成。
(BOOKデータベースより)


芸術はよくわからんけど、これ好きですね。
巻末の文章も面白かったです。

石川直樹さんのオフィシャルサイトはこちら

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日(Sun)

殺人者たちの午後

殺人者たちの午後
著:トニー・パーカー 訳:沢木耕太郎
★★★★☆

いろいろな殺人犯が生い立ちや犯した罪、
その後の人生などをインタビューに応じて語る短編形式で、
一編ごとに語り手が変わる。


陰気さや凄惨さはあまりなくて、
題材の割に読みやすいのでは?
読んで楽しい本ではないです。
でもとても興味深いです。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日(Thu)

龍神の雨

龍神の雨 道尾秀介さん
★★★☆☆

継父と暮らす兄妹と、継母とくらす兄弟。
台風の運ぶ長雨は悲しい殺人事件を呼び、
二組を暗い運命へと押し流していく…

あらすじのつもりが、
どんな内容かさっぱりわかりませんね。
詳しく書くと伏線が台無しなもんで。


ちょっと暗くてじめっとしてますが、
悲しくてやり切れないなりに救いもあって、
楽しめました。

犯人像に不満があって、
個人的にはモヤモヤしましたけど。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。