シーサーブログの機能で、アクセス解析がついています。
解除の仕方がわからないので、心配な方はお引取りください。

2009年10月26日(Mon)

王国の鍵2

王国の鍵2
著:ガース・ニクス 訳:原田勝
★★★☆☆

王国の鍵の第二巻
『マンデー』を無事に倒したアーサーくん、
元の世界へ戻ったのも束の間
すぐにお呼びがかかってしまう。

『マンデー』を倒して手に入れたものを狙って
『チューズデー』がこちらの世界に手出しをしてくるらしい。

再び『ハウス』に舞い戻ったアーサーくんは、
待ち受ける脅威に打ち勝てるのか。

みたいな。


続きを読む


posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日(Sun)

王国の鍵

王国の鍵1(アーサーの月曜日)
著:ガース・ニクス 訳:原田勝
★★★☆☆

喘息持ちのアーサーくん、
転校したてのその日に発作で死にかける。
そこへ怪しい二人組が登場。
『鍵』と呼ぶものを渡してくる。

同時に『地図帳』も手に入れ、
何故か喘息も回復。
『鍵』には不思議な力があると気付く。

しかし『鍵』を狙って謎の追っ手が迫り、
アーサーくんは『地図帳』が示す『ハウス』に向かう。

そこは
『創造主』がかつて住んでいた世界で、
『鍵』を巡る騒動に巻き込まれていく…

という、
「異世界冒険ファンタジー」
ですね。


続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日(Tue)

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹さん
★★☆☆☆

山陰を舞台に、
旧家である赤朽葉家の盛衰を
その家に嫁いだ
千里眼の異能を持つ女性から
三代にわたって描く。

というのが、
おおまかな筋なのかな。

でも、
山陰×千里眼
から連想されるような
神話的要素はほぼ無い。

かといって
伝記とか地方史
といった雰囲気でもない。

いわゆる
「ライトノベル」
と呼ばれる類のものに近いと思う。


続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日(Tue)

危険な世界史

危険な世界史 中野京子さん
★★☆☆☆

世界史の面白エピソード集。
短くまとめられたエピソードが続くので、
歴史音痴の自分でも楽しく読めた。


続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日(Thu)

青春の門(筑豊篇)

青春の門(筑豊篇) 五木寛之さん
★★★☆☆

ざっくりまとめると
九州の筑豊で、
義母との二人暮らしで育った少年が
故郷から巣立つまでの話。


印象としては、
なんか
「性の目覚め」
の描写がちょっとしつこい。

続きを読む
posted by Yu-Ki | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。